仲野太賀さん出演のおすすめ映画を厳選!ベスト3をご紹介!

仲野太賀
仲野太賀さんおすすめ映画の概要
  1. 仲野太賀さんってどんな人?
  2. 名が売れるきっかけとなった映画
  3. 父親になりきれない男の葛藤
  4. 母親に見捨てられた子供がそれでも愛情を諦めなかった

俳優の仲野太賀さんをご存知でしょうか。

13歳から芸能界デビューして、様々な作品に出演されているので、名前を知らなくても顔は知っている方も多いのではないでしょうか。

僕は「桐島、部活やめるってよ」でバレー部の小泉風助を演じている時から大ファンになりました。

絶対的エースである桐島が抜けた後のバレー部で、リベロの小泉が自分の実力不足にあがきながら、

「なんとかしようとしてこの程度なんだよ!この程度なんだよ俺は!」 

と葛藤しながら叫ぶシーンに心奪われました。

太賀さんは菅田将暉さんと旧知の仲で、何度か一緒にラジオ出演もされています。

ラジオでの受け答えから、明るい人柄や隠しきれないお笑いセンスがうかがえます。

本人いわく10代の頃のあだ名は「モブキング」。

そんじょそこらの俳優に見劣りしないモブキャラ(端役)の経験値を有しており、

「上手かったよー!、モブばっかやってたからね!」

とのこと。

そんな仲野太賀さんについて、本記事では人物像と共におすすめ映画ベスト3をご紹介いたします。

感情の細かい揺れ動きを表情だけで表現する力や、葛藤する心情、涙の演技が群を抜いて上手い仲野太賀さん。

この名作映画たちを見れば、仲野太賀さんの演技力に心を掴まれること間違いなし!

超絶・お勧めの名作映画3選です。

この記事でお勧めの映画

3位:桐島、部活やめるってよ

2位:泣く子はいねぇが
1位:母さんがどんなに僕を嫌いでも

仲野太賀さんの人物像

仲野太賀

数々のドラマや映画で目覚ましい活躍をしている仲野太賀さん。

2022年度には、その年に特に活躍した人に贈られるエランドール賞の新人賞を受賞。

そして2022年アカデミー賞の助演男優賞にもノミネートされ、今後ますますの活躍が期待されています。

仲野太賀さんの年齢、芸能界デビューについて

仲野太賀さんの簡単なプロフィールは以下の通り。

名前 仲野 太賀(なかの たいが)
生年月日 1993年2月7日
身長 168cm
出身地 東京
趣味 カメラ

芸能界入りは13歳の時で、テレビドラマの「新宿の母物語」で俳優デビューしています。

そんな仲野太賀さん父親は同じく俳優の中野英雄さん。

中野英雄

目元や鼻筋はかなり似ていますね。

2人とも優しそうな目が印象的です。

現在の息子の活躍ぶりには、父の英雄さんも大絶賛とのこと。

また趣味のカメラはプロ並みの腕前で、カメラマンとしての撮影を依頼されるほどです。

太賀さんは俳優仲間の菅田将暉さんとかなり仲が良く、菅田さんの宣材写真を撮影したこともあります。

菅田将暉さんと大の仲良し

俳優の菅田将暉さんとは10年来の仲で、一緒にハワイに行ったり、菅田さんがパーソナリティを務めるラジオ・オールナイトニッポンにも何度か登場しています。

昔から菅田さんと遊びに行った際に趣味のカメラ撮影をしており、パソコンの中に撮りためた写真データは6万枚を超えるとか。

付き合いの長さと、2人の繋がりが窺えるエピソードですね。

オールナイトニッポンでの2人の掛け合いは聞き心地が良く、トークも軽快でずっと聞いていられます。

特に菅田さんのラジオの毒舌リスナーたちとの絡みはファン必見。

非情に快活とした明るい性格が伝わってきますよ。

長かった下積み時代

雑誌のインタビューでもご本人が回答していますが、仲野太賀さんは長い下積み時代を経て今ブレイクしています。

本人が「モブキング」と称するほど多数の作品に出ていますが、世間になかなか認知されないジレンマを抱えていたそうです。

役者にかける確かな熱量があるのに、大きな役でも小さな役でも世間が評価してくれない。

下積み時代は、「いい演技をしても見られていなければゼロと同じ」という葛藤があったようです。

そんな仲野太賀さんですが、世間が注目していなくても業界関係者は見ていました

2016年ごろからドラマ「ゆとりですがなにか」や、映画「闇金ウシジマくん」など注目作品の露出が増え、映画「走れ、絶望に追いつかれない速さで」では主演を務めています。

近年では数々の映画で主演を張る他、ドラマ「コントが始まる」ではその絶大な演技力に世間の注目が集まりました。

長い下積み時代につちかった確かな演技力に、世間に認知度が加わった仲野太賀さん。

今後の活躍に一層期待して見続けたい俳優です。

交際相手は森川葵さん?

仲野太賀さんは以前、森川葵さんとの熱愛報道が話題となりました。

2021年現在でも破局報道はされていないため、今も順調に交際されているかと思います。

どちらも凄まじい演技力に惹かれて応援している俳優さんなので、ぜひ上手くいって欲しいと思ってます。

親友の菅田将暉さんは小松菜奈さんと結婚されてビッグカップルと言われていますが、負けず劣らずのビッグカップルです。

両名共に日本の宝です。

陰ながら応援しつつ、本人たちのジャマにならないよう見守りたいですね。

森川葵さんについては以下記事でもおすすめ映画と共に紹介しています。

気になった方は合わせてご覧ください。

第3位:「桐島、部活やめるってよ」

映画「桐島、部活やめるってよ」のあらすじ・感想と学び。生々しい青春群像劇。

全てはここから始まった

今大活躍中の若手俳優の登竜門となった本作。

10年前の作品とは思えない完成度で、共学高校のリアルを描いています。

思わず「あったあった!」と口に出してしまうほど作り込まれた世界観から、生々しい高校ヒエラルキーが伝わってきます。

この作品の面白いところは、題名にある「桐島」が一度も作中に出てこないこと。

物語序盤では、高校ヒエラルキーのトップに立つ桐島が、誰にも相談せずに突如部活を辞めたことから周囲に影響を与えていきます。

主人公は高校で普通に過ごしている生徒全員。

自分はこの立場だったなあ、と登場人物の誰かに感情移入しながら気付けばラストシーンを迎えています。

仲野太賀さんは本作で、バレー部のリベロ「小泉風助」を演じています。

エースの桐島が辞めて多大な影響を受けるバレー部において、なんとか現実と向き合って必死に抗おうとする青年の役です。

自分に才能がないと分かりながらも、死に物狂いで努力し、それでも結果が出ない。

そんな青年の葛藤を見事に演じ切り、端役ながら超絶・印象に残る演技をされています。

冒頭にも書きましたが、

「なんとかしようとして、この程度なんだよ!この程度なんだよ、俺は!」

この言葉は、部活をやっていた人すべてに刺さるのではないでしょうか。

本作に関しては、仲野太賀さん以外にも、あの頃はまだ無名だった東出昌大さん、松岡茉由さん、山本美月さん、と一躍スターとなった若手が揃い踏みで出演しています。

共学高校の方は、見て損のない作品ですよ。

参考記事:映画「桐島、部活やめるってよ」おすすめポイントと裏話。無料で見れる配信サービスは?

監督・キャスト

■監督
吉田 大八

■キャスト
前田 涼也(映画部)・・・神木 隆之介
武文(映画部)・・・前野 朋哉
飯田 梨紗(桐島の彼女)・・・山本 美月
野崎 沙奈(梨沙の親友、菊池の彼女)・・・松岡 茉優
菊池 宏樹(野球部、桐島の友人)・・・東出 昌大
寺島 竜汰(桐島の友人)・・・落合 モトキ
友弘(桐島の友人) ・・・堀内 敬子
東原 かすみ(バドミントン部)・・・橋本 愛
宮部 実果(バドミントン部)・・・清水 くるみ
久保 孝介(バレー部)・・・鈴木 伸之
小泉 風助(バレー部)・・・仲野 太賀
沢島 亜矢(吹奏楽部)・・・大後 寿々花
詩織(吹奏楽部)・・・藤井 武美

出典:映画『桐島、部活やめるってよ』予告編

\ 本作が無料で見れる配信サービス一覧 /

サービス名 無料期間 サービス内容
u-next
31日間 無料
見放題作品 20万本 2,189円/月
映画、ドラマ、アニメなど配信作品数No1
一部の雑誌やマンガも読み放題
hulu
14日間 無料

見放題作品 7万本 1,026円/月
日テレのドラマが充実
huluオリジナル作品も多数

第2位:「泣く子はいねぇが」

映画「泣く子はいねぇが」のあらすじ・感想と学び。なまはげの想い。

家庭を持つも、いまいち父親になりきれない青年の挫折とわずかな成長を描いた本作。

子供を持つ年代の男性には特に刺さる作品です。

舞台は青森県、男鹿半島。

結婚して子供を授かるが、いまいち父親としての自覚を持てずにいたタスク(仲野太賀)。

恒例行事である「なまはげ行脚」の最中に泥酔し、全裸で街を駆け回る姿が全国中継されてしまう。

村一番の大罪人となったタスクは故郷に居づらくなり、妻とは離婚して子供と離れ離れになります。

失って初めて気付く大事なもの。自分の本当の気持ち。

取り返しのつかない過去に対して、タスクは自分と向き合い、現在を変えようと努力します。

しかし、現実はいつだって非常で…。

クライマックスで太賀さんが流す涙は、全国の父親必見の涙です。

あのワンシーンだけでも、この映画を見る価値があります

タスクのような後悔、自分自身を本気で情けないと思う経験をしないためにも、家族の大切さを噛み締められる名作です。

参考記事:映画「泣く子はいねぇが」おすすめポイントと裏話。無料で見れる配信サービスは?

監督・キャスト

■監督
佐藤 快磨

■キャスト
後藤 たすく・・・仲野 太賀
後藤 ことね(たすくの嫁)・・・吉岡 里帆
後藤 せつ子(たすくの母)・・・余 貴美子
後藤 悠馬(たすくの兄)・・・山中 崇
志波 亮介・・・寛 一郎
夏井 康夫(なまはげの会・会長)・・・柳葉 敏郎

出典:映画『泣く子はいねぇが』本予告

\ 本作が無料で見れる配信サービス一覧 /

サービス名 無料期間 サービス内容
u-next
31日間 無料
見放題作品 20万本 2,189円/月
映画、ドラマ、アニメなど配信作品数No1
一部の雑誌やマンガも読み放題

第1位:「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」のあらすじ・感想と学び。実話に基づいた良作。

ネグレクトの母親の元で家庭内暴力やモラハラに晒され、児童養護施設に預けられた青年が、それでも母親の愛情をあきらめずに親と向き合う本作。

作品を通して繊細な空気が流れており、家族や友人の大切さを考えさせられる作品です。

子供を身ごもっていた時、「父親の浮気」が発覚して子供への愛情を持てなくなった母親。

そして母親が大好きなのに、愛情をもらえない息子。

そんな親子関係を見ていると、胸が痛くなるシーンが多いです。

この映画の序盤は、ただただ「心が痛い」。

特に、親子関係が上手くいっていない人には強く刺さる作品かと思います。

けれど最後の最後で救いがあるのが、この映画の最大のおすすめポイントです。

不器用でも、下手でも、あきらめずに大切な人と接し続けた結果が見事に描かれます。

日本らしい、とても素敵な映画でした。

主演の仲野太賀さんが、思わず息を飲む演技をされています。

役者のプロ意識と迫力を存分に感じられる名作です。

この映画に関しては、紹介の言葉は「ぜひ見ていただきたい」の一言。

親子関係だけでなく友達関係においても、何が大切か思い出させてくれる映画です。

この機会にぜひご視聴いただきたい。

参考記事:映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」おすすめポイントと裏話。無料で見れる配信サービスは?

監督・キャスト

■監督
御法 川修

■キャスト
タイジ・・・仲野 太賀
タイジ(幼少期)・・・小山 春朋
光子(タイジの母)・・・吉田 羊
タイジの父・・・斎藤 陽一郎
キミツ・・・森川 ウィン
大将・・・白石 隼人
カナ・・・秋月 三佳
婆ちゃん・・・木野 花
婆ちゃんの弟・・・おかやま はじめ

出典:映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』予告編

\ 本作が無料で見れる配信サービス一覧 /

サービス名 無料期間 サービス内容
u-next
31日間 無料
見放題作品 20万本 2,189円/月
映画、ドラマ、アニメなど配信作品数No1
一部の雑誌やマンガも読み放題
hulu
14日間 無料

見放題作品 7万本 1,026円/月
日テレのドラマが充実
huluオリジナル作品も多数
fod
14日間 無料
見放題作品 5万本 976円/月
フジテレビのドラマが充実
バラエティ番組も多数
prime-video
30日間 無料
見放題作品 2万本 500円/月
ドキュメンタルなどのオリジナル作品が充実
音楽や電子書籍サービスと連携

最後に

今回は、「泣く子はいねぇが」、「桐島、部活やめるってよ」、「母さんがどんなに僕を嫌いでも」をご紹介しました。

仲野太賀さんは、身近にいそうな人間のリアルな葛藤を演じる能力が非常に高いです。

もっと多くの人に知って欲しい名俳優です。

この機会にぜひ、今回おすすめしたどれか一つでもいいので作品を見ていただき、仲野太賀さんを好きな人が増えてくれると幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました