留年後の就活で心が折れた!?それでも自分の可能性を信じる方法!

留年後の就活で心が折れた!?それでも自分の可能性を信じる方法!
就活に疲れても自分の可能性を信じるには
  1. 羽を休めることも必要?
  2. 自分の可能性を信じるためにすること

日々の就活おつかれさまです。

先の見えない就活を続けていると、どうしても心が折れそうになる時がありますよね。

就活は勉強や受験と違い、頑張った分だけ確実に成果が出るものではありません。

何より評価対象が自分自身なので、上手くいかないと自己肯定感が薄まりますよね。

将来の不安を抱えながら、どうしても心がくじけて頑張れないこともあります。

こういった壁を乗り越える時は、自分の可能性を信じられるかどうかが最も重要になってきます。

そこで今回は、元留年生の僕が就活で心が折れそうな時にした対処法と、どうやったら自分の可能性を信じられるかについて紹介します。

たかはし
たかはし

僕の簡単なプロフィールです。

  1. 1留時に3社に応募し、2社内定
  2. 2留が確定して内定破棄
  3. 2留状態の就活で30社に応募し、有名IT企業に内定
  4. 3年(27歳)で係長に昇進
  5. 6年(30歳)で課長代行に昇進
  6. 独立して給食会社を設立
  7. 3つの高校で食堂運営しつつIT事業を展開

就活に限らず、何かの壁にぶつかった時に役立つ考え方です。

この記事を最後まで読めば、今の不安が晴れてやるべきことハッキリしますよ。

この記事で分かる事
  • 疲れた自分を休めた方が良い
  • 自分の可能性を信じる方法
  • 最悪のシナリオは悪くない
スポンサーリンク

就職活動で心が折れたら、一度羽を休める

リフレッシュ

何十社から不採用をもらっても、不屈の精神で就活を続けられれば理想ですが、人間どうしても心が疲弊します。

そして疲れた心で就活を続けても、不安や焦りが面接官に伝わって思うような結果はついてこないでしょう。

どうしても頑張る気がおきない。

そんな時は、きっと心がサインを出しています。

体の限界は分かるのに、心の限界は分かりません

だから頑張り過ぎて心が摩耗しきってしまう前に、一度羽を休めて心をリフレッシュさせましょう。

たかはし
たかはし

僕が就活時にしていたリフレッシュ方法は以下です。

気分転換の方法
  • 同じ状況の人の話を聞く
  • スポーツ漫画か映画
  • しっかり眠る

1.同じ状況の人の話を聞く

周囲の友人や、SNS上で自分と同じような状況の就活生もきっといます。

自分だけじゃないんだ、と知るだけでも心が少し楽になりますよ。

そういった相手に自分の気持ちを伝えてみるのもいいでしょう。

たかはし
たかはし

自分が思っている以上にすっきりします。

また、同じ状況の人たちの中には、自分の心に火をつけてくれる人がいるかもしれません。

意外と、顔も知らないSNS上のコメントが心に響いたりするものです。

2.スポーツ漫画か映画に影響される

スポーツ漫画の主人公は常に苦境に立たされています。

たとえば、エリート集団の中で埋もれてしまいそう。

チームの負けが濃厚。

選手生命に関わる大怪我をする。

しかし、彼らはどんな状況でも絶対に諦めません

泥臭い努力と根性で自分の未来を切り開きます。

たかはし
たかはし

その姿勢にとても勇気をもらえます!

スポーツ漫画に出てくる「絶対に諦めない」台詞の応酬。

まるで自分に言われているかのように心に火が付き、前向きな心を取り戻せますよ。

漫画を普段読まれない方なら、映画もおすすめです。

理由は漫画と同じですが、きっと今のあなたに重なって前向きになれる主人公がいますよ。

留年生におすすめの映画は以下記事で紹介しています。

たかはし
たかはし

就活サボって映画か…

と思うかもしれませんが、大丈夫です。

就活のメンタルに繋がるような映画ばかりです。

  1. 何歳からでも夢は叶う!中年男性がNASAの採用試験…!?
  2. 一度はホームレスにまでなった男が、少ないチャンスを掴んで人生好転…!?
  3. どん底からの逆転劇はこの映画なくして語れない!

未鑑賞の作品があれば、息抜きがてら見てください。

3.しっかり眠る

人の脳はしっかりと睡眠を取ると心を一定に保つように働きます。

気持ちをフラットな状態に戻そうとするのです。

やる気に満ち溢れている時は迷惑極まりない機能ですが、心が疲れている時には効果抜群です。

まずはゆっくりと疲れを取って、それから前を向きましょう。

スポンサーリンク

就活で心が折れても自分の可能性を信じるには

立ち止まる

自分ではどうしようもない壁にぶつかった時、人は一度そこで足を止めます。

この時の選択肢は大きく3つです。

  1. 違う道を探して進む
  2. 引き返す
  3. 突破する

ここで、「3.突破する」を選択するために必要なのが自分の可能性を信じること。

けど、自分を信じるって難しいですよね。

まして自分が上手くいっていない時は、なおさら信じられなくなります。

そんな時に自分の可能性を信じるための思考法が2つあります。

たかはし
たかはし

詳しく解説していきますね。

良いところにも目を向ける

マイナス思考に陥っている時は、周りの良い部分と自分の悪い部分にばかり目がいっています。

たとえば内定を取った友人と比べたり、調子が良かった頃の自分と比べたりです。

けど、必ず勝っている部分もあります。

たとえば、就活を始めたての頃に比べたら、今の方が就活に詳しくなっているし、話し方も論理的になってきているはずです。

今はまだ内定が取れていないだけで、前より成長できていることを自覚しましょう。

昨日より成長していれば、あなたは正しい方向に進んでいます。

諦めさえしなければ、絶対に結果に繋がります。

逆の角度から自分の可能性を考える

たかはし
たかはし

そうは言っても、結果が出ないと自分の可能性なんて信じられないよ。

そう考える人もいるでしょう。

そんな時におすすめの考え方があります。

それは、逆の角度から可能性を考える、ということです。

何か新しいことを始めると、小さな挫折や失敗は必ず出てきますよね。

失敗が積み重なると、人はこう考えます。

「このまま続けても上手くいかないんじゃないか」

でもこれ。

上手くいく方向で考えているから、失敗が気になっているんです。

そこで、こう考えます。

「このまま続けたとして、一か月後も自分何も変わっていないだろうか」

仮にあなたが勉強やスポーツ、料理など、何かに対して試行錯誤を1ヶ月繰り返したとします。

一ヶ月後、自分が今と全く変わらないことってあると思いますか?

僕は歌が壊滅的に下手ですが、1ヶ月本気で頑張ったら、今より遥かに上手くなっている自信があります。

自分の可能性を信じるためには、自分を諦められるかどうかを考えれば良いのです。

上手くいくかどうかは分からないけど、このまま終わるとも思えない。

最初はそれだけ信じられれば大丈夫です。

自分のことを諦められないなら、前に進めます。

小さな困難を乗り越え続ければ、それがやがて自分の可能性を信じることに繋がります。

一瞬で自信を取り戻す方法ではありませんが、より強い自信を身に付ける方法です。

前は通らなかった一時面接に通るようになった。

SPIは今更落とさない。

業界に詳しくなっている自分がいる。

それだけで諦めない理由になります。

一歩一歩の積み重ねれば、絶対に実を結びますよ。

もしあなたが、留年しても内定は妥協したくないと考えているなら、その方法について以下記事で具体的に紹介しています。

就活の方向性に迷ったら参考にしてください。

また、以下記事では留年生向けの就活支援エージェントをまとめています。

完全無料で採用のプロが就活の相談に乗ってくれる学生向けサービスです。

各エージェントの特徴
  • 企業の役員と直接会えるチャンス!
  • 志望業界決めから就活をサポート!
  • 無料でエンジニア講習が受けれる!?
  • 2週間のスピード内定が出た!?
  • 履歴書が不要って本当?
  • …etc
就活ちゃん
就活ちゃん

一人で就活を続けるより、格段に選択肢が広がりますよ。

内定に繋がる情報がすぐに欲しい人は、こちらの記事を参考にしてください。

就職活動で心が折れたら、最悪のシナリオを想像してみる

生きる

就職活動で心が折れたら、最悪のシナリオについてリアルに想像してみてください。

例えば、就職できずに卒業した場合などです。

そうなったら、あなたはどうしますか。きっと、その時は他の選択肢を試すと思うんです。

今の時代は本当に就職以外の選択肢が増えています。

  • 第二新卒として就職活動を続ける
  • 副業を試す(Youtube、ブログ、Instgram、Twitter、動画編集)
  • プログラミングスクールに通う

どの道を選んでも、本気で頑張れば食べていけるぐらいは稼げますよ。

まとめ

就活で心が折れそうな時に、自分の可能性を信じる方法について紹介しました。

  • まずは心の疲れを取る。
  • 自分の良いところを見る。
  • 自分のことを諦められるか考える。
  • 最悪のシナリオを想定しておく。

就活には苦労するかと思います。

けど、諦めなければきっと道は開けます。

最後まで諦めないでください。

最後まで読んでくだり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました