留年は成長のきっかけ!?不幸や失敗は考え方でプラスに変わる!

留年は成長のきっかけ!?不幸や失敗は考え方でプラスに変わる!
留年は成長のきっかけ!?の概要
  1. 時間を何に使うか絞る意味?
  2. 今の悩みを超えれば壁を越えれる?
  3. その経験はあなたの糧!

留年した瞬間は頭が真っ白になりませんでしたか。

想像していた以上に、「留年しそう」と「留年した」には大きな差があったのではないでしょうか。

留年に限らず、人生で何か不幸や失敗があった時は、後悔に苛まれもの。

たかはし
たかはし

ちなみに僕は、しょっちゅう苛まれていました。

でも最悪な状況でこそ、普段考えないような事を考えたり、普段絶対に取らない選択肢を取るチャンス。

本当に厳しい状況に立たされて、その中で前を向いた時にこそ、人は成長できるます。

留年、会社経営失敗、それによる親友との決別、と僕は人生最大のミスをして後悔に苛まれる度に、「後悔には意味がない」と考えまてきした。

たかはし
たかはし

僕の簡単なプロフィールです。

  1. 1留時に3社に応募し、2社内定
  2. 2留が確定して内定破棄
  3. 2留状態の就活で30社に応募し、有名IT企業に内定
  4. 3年(27歳)で係長に昇進
  5. 6年(30歳)で課長代行に昇進
  6. 独立して給食会社を設立
  7. 3つの高校で食堂運営しつつIT事業を展開

人生の中で最も辛い時にこそ、人生を突き詰めて考えるチャンスがあります。

と、言うよりも考えざるをえない機会ですね。

その時に出した結論は以下の通り。

後悔しない考え方
  • 時間も心も、大事な人・好きな人だけに使う
  • オリハルコンの壁でも叩き続ければ壊れる
  • 腐らなければ不幸は成長材料。その先の道は開く

もし今あなたがくすぶっているなら、本記事を最後まで読んでもらえれば、好転のきっかけになるはずです。

スポンサーリンク

留年からの成長!時間も心も大事な人だけに使う!

不注意

言うまでもなく、人の使える時間には限りがあります。

そして人は、色々な人と関わって生きています。

一緒にいて楽しい人もいれば、自分を傷つけてくる人もいますよね。

全部ひっくるめて、やっていくしかないのが社会ですよ。

たかはし
たかはし

でも、その中で優先順位は付けるべきです!

世の中には、他人に攻撃的な人もいます。

ネットやSNSだと特に顕著ですよね。

「なんでそんな言葉を使えるの?」

「なんでそんなに人の気持ちを考えられないの?」

そういった人達です。

多くの人は、こういったマイナス人間と出会った時に、その人を恨んだり嫌ったりします。

たかはし
たかはし

でも考えてみてください。その行為は自分を幸せにするでしょうか。

そんなことを何万回も考えたって、その人は変わらないですよね。

何をしても変わらないことに時間を使うのは勿体ないです。

どうしても相性の悪い人は世の中にいます。

でも、その人に対して…、

どう復讐してやろうとか。

どうやって不幸にしてやろうとか。

失敗して不幸になって欲しいとか。

そんなことを考えている時間も心も、もっと他のことに使えるんです。

たかはし
たかはし

心理学では、悪いことは良いことの3倍印象に残ると言われています。

だから、その事に捕らわれてしまう気持ちも分かるんです。

実際、僕がそうだったので。

でも、そんな想いに支配されているとしたら、別の角度で自分を見てみてください。

はたして、自分の周りは悪い人間ばかりだろうかと。

自分を応援して、信じて、優しい言葉をかけてくれている人が必ずいるはずですよ。

味方

そういった人にこそ、心も時間も費やすべきだと僕は思います。

ドン底の時は、こういった自分にとって本当の味方を見分けるチャンスでもあります。

みんなの幸せを願え、なんて理想論です。

たかはし
たかはし

でも、自分の大切な人の幸せは願えるはず。

余計な情報や人からは、シャットアウトか逃げるかしていいんです。

そこで余った力は、自分が幸せにしたいと思う人に使いましょう。

この考え方を持つことが、幸せな人生を歩む第一歩だと強く思います。

スポンサーリンク

留年しても、叩き続けてオリハルコンの壁を壊せる

壁

「留年しても、叩き続けてオリハルコンの壁を壊せる」というこの章のタイトル説明の前に、背景を説明しておきます。

オリハルコンとは、ドラクエを始めとする様々なRPGゲームに出てくる最強の金属で、この素材を使って最強の武器を作れるのです。

では本題に戻って。

予想もしない不幸に見舞われても、根性で前を向いた時。

そして、何かに挑戦しようと思って人生を賭けた時。

必ず何かしらの壁にぶつかりますよね。

時にはそこで痛手…というか致命傷を負うこともあるでしょう。

そんな時にどうするか。

諦めるのか。

壁が壊れると信じてやり続けるのか。

違う方法を考えるのか。

たかはし
たかはし

ここで大事なのは、主観的じゃない物の見方です。

と言うのも、人が固執する生き物で、自分のやっていることに関して目が曇るからです。

かのアインシュタインも言ってます。

「狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること」

自分は違うと思っているなら要注意。

先ほども述べましたが、人は固執する生き物なので素直に自分の失敗を認める事が難しいのです。

ある方向に財力や人力をつぎ込み過ぎると、「自分は間違ってなかった」という思い込みから、その行為を続けてしまうのです。

そのことを自覚して、初めて注意ができます。

「オリハルコンの壁でも叩き続ければ壊れる」という題の意味は、同じ行為を積み重ねてください、という意味ではありません。

同じ方向を向き続けてください、という話です。

これはどの分野、どの挑戦においても言えることです。

正しい方向に向かって試行錯誤を重ねる

たかはし
たかはし

これが努力です。

そして正しい方向に向かってさえいれば、必ずその努力は報われます。

これは、僕の今までの人生でずっと経験してきた事実です。

方向を間違えれば、報わないこともあるでしょう。

間違った努力は成果は生みません。

もちろん、努力できたという結果はその人の財産になりますよ。

ここで言いたい事は、その方向性さえ間違わなければ、「これはもうどうやっても無理」と感じた壁でも壊せるということです。

例えばドラクエ3でアリアハン(最初の町)を出た直後にゾーマ(ラスボス)と戦闘するところを想像してください。

たかはし
たかはし

慈悲もなく全滅ですよね。

でも、ドラクエの主人公は最終的にゾーマを倒します

最初はスライム(最弱モンスター)にすら苦戦しながらも、決して諦めずに仲間を集め、自分を鍛え、やがてゾーマを倒すのです。

ゾーマを倒せたのは、正しい方向へ努力して、自分の力を高めたから。

最初にスライムを倒し続ける事を諦めなかったからです。

「これはもうどうやっても無理」というのは、あくまで今の自分の主観。

未来のあなたにとってはそうじゃない

未来を信じて努力を重ねた先なら、壁は必ず壊せます。

留年しても腐らなければ、その経験は成長材料

前向き

不幸や裏切り、謂れのない攻撃を受けるとショックを受けますよね。

その気持ちは痛いほど分かります。

でも、不幸や理不尽にあってこそ磨かれる能力があると僕は思ってます。

それは、思考力です。

マインドと言い換えてもいいですね。

最低なドン底に落ちた時、最初は腐る事もあるでしょう。不平不満、恨みが口癖になったり、酒に溺れたり。

でも、そうやって心が癒えた時には、けっきょく人は前を向きます。

どうやったらこの最悪の状況を乗り越えられるのかと。

たかはし
たかはし

そこで出てくる発想は、絶対に今までの自分には出てこなかった発想になっているはずです。

大事なのは固執しない事。

そして不幸自慢をしないことです。

ドン底の状況でも、前を向ける人間には人が寄ってきます。

そして、不幸や理不尽をこう捉えてください。

ここを乗り越えた時に自分はどうなれるだろう、と。

今までの自分とは、比べ物にならないほど成長していますよね。

追い込まれてこそ成長する能力もあります。

今ドン底にいる人は、今まで以上に自分や周りの人間と向き合ってみてください。

そこには必ず新たな発見や、突破口があるはず。

そうして向き合ってこそ、人生は切り開けるものですよね。

もしあなたが今悩んでいるのが就活に関することで、留年しても内定を妥協したくないなら、その方法について以下記事で具体的に紹介しています。

就活の方向性に迷ったら参考にしてください。

また、以下記事では留年生向けの就活支援エージェントをまとめています。

完全無料で採用のプロが就活の相談に乗ってくれる学生向けサービスです。

各エージェントの特徴
  • 企業の役員と直接会えるチャンス!
  • 志望業界決めから就活をサポート!
  • 無料でエンジニア講習が受けれる!?
  • 2週間のスピード内定が出た!?
  • 履歴書が不要って本当?
  • …etc
就活ちゃん
就活ちゃん

一人で就活を続けるより、格段に選択肢が広がりますよ。

内定に繋がる情報がすぐに欲しい人は、こちらの記事を参考にしてください。

まとめ

今回はドン底の切り抜け方について記載しました。

  • 自分の限られた時間と心は自分の大切な人に使う
  • 正しい方向に試行錯誤を重ねれば必ず人生の壁は壊れる
  • 不幸はそこで腐りさえしなければ自分を成長させるバネ

留年をテーマに書きましたが、これは本当に人生で大切な事です。ぜひ、これらを念頭に置いて生きていただけたら、人生がより良い方向に向かうと思います。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました